生物生産環境科学専攻

応用動物科学領域

トップ画像

概要 

「人間と動物との共生」において、一方で、食料生産に関連した「動物資源の持続的生産」を、他方で希少動物などの「動物資源の保全」を求められ、いずれも地球規模での重要な課題です。本領域では、発生・遺伝・生理・栄養・繁殖・行動学といった動物科学を共通の基盤として、動物の生命・生理現象に関する先進的で高度な知識と技術を学ぶことを特色とし、動物の飼養管理、機能開発および生産、また展示教育および保全等に関連する産業に広く応用できる人材育成のための教育研究を行います。

 

  応用動物科学領域オリジナルサイトはこちら

 

 

animsci_elephant.jpg