エネルギー工学専攻

エネルギー変換領域

エネルギー変換領域

概要 

現在の高度文明社会の要であるエネルギーは、その持続性が強く求められています。持続性を確立するためには、化石燃料や再生可能エネルギーなど、あらゆるエネルギー源を対象とした要素および評価研究が必要で、それらの基盤は“エネルギー変換”です。この課題は、今後ますます多様化・複雑化すると予想され、エネルギーの高度利用と革新的エネルギーシステムの開発を担うため、高度な熱工学、流体工学、燃焼工学、熱物質移動論、プロセス工学、エネルギー変換材料・変換技術を含むエネルギー変換工学等の教育研究を行います。